平成29年度 大和市立病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 1,256 174 221 359 803 747 1,395 2,135 1,292 225

退院患者の総数は8,607人でした。70歳以上の患者さんが3,652人となっており、退院患者数に占める割合は42.43%でした。また、小児科、産婦人科の体制が充実していることから0歳代の患者さんが1,256人、14.59%となっているのが特徴的です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 20.83 - -  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.15 - -  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 - - 15.12 - -  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 6.32 - -  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.34 - -  

内科におけるDPCコード出現件数は34件、総患者数は51人でした。上位5疾患すべてが10人未満の患者数でした。

リウマチ科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.34 - -  
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし - - 17.16 - -  
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア3 - - 16.97 - -  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 - - 15.12 - -  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし - - 19.01 - -  

リウマチ科におけるDPCコード出現件数は28件、総患者数は55人でした。上位5疾患すべてが10人未満の患者数でした。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 174 4.87 5.94 0.57 0.91  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 165 5.64 6.32 1.21 3.6  
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 119 5.15 6.03 4.2 1.91  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 5.28 5.7 0 2.59  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 71 3.2 5.5 1.41 3.59  

小児科におけるDPCコード出現件数は81件、総患者数は1,065人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし」が16.34%、「喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし」が15.49%、「インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし」が11.17%、「肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」が6.95%、「ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし」が6.67%となっており、5疾患合わせて56.62%でした。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 81 12.14 10.15 0 60.11  
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 63 2.43 4.49 0 57.81  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 40 11.58 11.45 0 61  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 37 7.3 6.37 0 60.49  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 6.74 7.4 0 57.71  

外科におけるDPCコード出現件数は135件、総患者数は734人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし」が11.04%、「乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」が8.58%、「乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし」が5.45%、「乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし」が5.04%、「胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」が4.22%となっており、5疾患合わせて34.33%でした。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 82 40.93 27.09 45.12 80.59  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 39 30.77 19.94 10.26 79  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 37 4.51 5.21 0 49.86  
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 31 5.77 5.16 0 23.29  
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 29 17.07 9.49 0 46.93  

整形外科におけるDPCコード出現件数は99件、総患者数は528人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等」が15.53%、「胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし」が7.39%、「前腕の骨折 手術あり 副傷病なし」が7.01%、「肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし」が5.87%、「足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし」が5.49%となっており、5疾患合わせて41.29%でした。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 19 8.26 8.02 0 51.21  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 3.29 - -  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.5 - -  
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.86 - -  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - - 4.14 - -  

形成外科におけるDPCコード出現件数は32件、総患者数は89人でした。患者数1位の「乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等」の総患者数に占める割合は21.35%でした。なお2位以下の疾患は10人未満の患者数でした。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 56 29.48 16.51 46.43 73.16  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 45 21.13 16.38 42.22 73.78  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 27.97 19.1 52.78 69.14  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 7.4 9.68 4 75.04  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 15.5 7.34 21.43 75.14  

脳神経外科におけるDPCコード出現件数は66件、総患者数は328人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2」が17.07%、「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2」が13.72%、「非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」が10.98%、「頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」が7.62%、「頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」が4.27%となっており、5疾患合わせて53.66%でした。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 27 2.41 11.99 0 69.52  
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 25 10.56 12.35 0 68.76  
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 17 2.53 11.75 0 75.47  
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 6.93 9.14 6.67 38.47  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 2.57 3.59 0 69.79  

呼吸器外科におけるDPCコード出現件数は34件、総患者数は157人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」が17.20%、「肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし」が15.92%、「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり」が10.83%、「気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」が9.55%、「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし」が8.92%となっており、5疾患合わせて62.42%でした。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 23 2.35 3.2 0 64.43  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 2.38 8.5 0 67.29  
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 11 8.27 12.51 0 74.82  
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 5.68 - -  
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし - - 12.41 - -  

心臓血管外科におけるDPCコード出現件数は21件、総患者数は107人でした。総患者数に占める上位3疾患の患者数割合は、「静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり」が21.50%、「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし」が19.63%、「非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし」が10.28%となっており、4位、5位の疾患は10人未満の患者数でした。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 243 5.99 6.28 0 44.26  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 120 4.93 6.37 0 43.79  
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 80 5.14 7.7 0 39.38  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 35 8.51 12.94 0 57.46  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 33 8.97 9.91 0 43.36  

産婦人科におけるDPCコード出現件数は68件、総患者数は769人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等」が31.60%、「卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等」が15.60%、「子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし」が10.40%、「子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし」が4.55%、「子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等」が4.29%となっており、5疾患合わせて66.44%でした。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 48 1 7.31 0 66.31  
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 1 7.38 0 67.33  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 - - 5.9 - -  
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 - - 2.85 - -  
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 - - 10.21 - -  

眼科におけるDPCコード出現件数は6件、総患者数は68人でした。総患者数に占める上位2疾患の患者数割合は「黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし」が70.59%、「黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし」が22.06%、3位以下の疾患は10人未満の患者数でした。

耳鼻いんこう科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 39 5.77 5.48 0 35.54  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 38 7.42 8.01 0 17.82  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 32 4.84 5.15 0 60.25  
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 21 5.9 7.22 0 38.81  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 10 9 9.18 0 55.3  

耳鼻いんこう科におけるDPCコード出現件数は48件、総患者数は240人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし」が16.25%、「扁桃、アデノイドの慢性疾患」が15.83%、「前庭機能障害 手術なし」が13.33%、「扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等」が8.75%、「突発性難聴」が4.17%となっており、5疾患合わせて58.33%でした。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 58 8.03 8.95 0 68.48  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 44 8.95 11.73 0 67.61  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 22 3.18 4.14 0 51.27  
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし - - 17.95 - -  
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.37 - -  

皮膚科におけるDPCコード出現件数は36件、総患者数は201人でした。総患者数に占める上位3疾患の患者数割合は、「帯状疱疹」が28.86%、「急性膿皮症 手術なし」が21.89%、「皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし」が10.95%となっており、4位、5位の疾患は10人未満の患者数でした。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 95 6.97 7.31 0 71.11  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 49 9.71 9.73 2.04 72.16  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 30 11.27 12.34 6.67 61.73  
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 26 2.08 2.73 0 55.62  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 19 8.42 11.31 0 72.58  

泌尿器科におけるDPCコード出現件数は85件、総患者数は459人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし」が20.70%、「前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術」が10.68%、「腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし」が6.54%、「上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし」が5.66%、「膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし」が4.14%となっており、5疾患合わせて47.72%でした。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 67 2.36 3.59 0 71.91  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 29 21.31 19.65 10.34 74.38  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 20 15.45 11.99 5 63.75  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 17.53 14.6 13.33 73.07  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 10 20.8 15.12 0 84.1  

呼吸器内科におけるDPCコード出現件数は74件、総患者数は280人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし」が23.93%、「間質性肺炎 手術・処置等2なし」が10.36%、「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」が7.14%、「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」が5.36%、「肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2」が3.57%となっており、5疾患合わせて50.36%でした。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 79 17.19 17.71 5.06 76.71  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 56 3.57 4.62 0 70.11  
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 45 5.2 5.3 0 64.96  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 3.17 3.03 0 63.56  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 14.29 12.72 0 65.29  

循環器内科におけるDPCコード出現件数は86件、総患者数は461人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」が17.14%、「狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」が12.15%、「頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし」が9.76%、「狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」が8.89%、「急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」が3.69%となっており、5疾患合わせて51.63%でした。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 23 14.96 14.55 4.35 63.09  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 19.5 20.83 20 87.7  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 18.33 12.23 5.56 67.28  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12 13.92 12.34 16.67 81.92  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 11 20.45 22.12 0 57.64  

腎臓内科におけるDPCコード出現件数は80件、総患者数は247人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし」が9.31%、「誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」が8.1%、「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」が7.29%、「腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし」が4.86%、「ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし」が4.45%となっており、5疾患合わせて34.01%でした。

血液・腫瘍内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 22 17.77 16.48 0 70.09  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 14 22.93 33.42 0 73.07  
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり 11 19.18 24.7 0 76.09  
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 10.5 15.47 10 73.6  
130030xx97x41x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病あり - - 49.99 - -  

血液・腫瘍科におけるDPCコード出現件数は64件、総患者数は198人でした。総患者数に占める上位4疾患の患者数割合は、「非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」が11.11%、「非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし」が7.07%、「多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり」が5.56%、「骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」が5.05%となっており、5位の疾患は10人未満の患者数でした。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 8.68 10.61 0 69.45  
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 38 6.42 9.69 0 70.82  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 38 9.32 8.73 0 74.97  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 37 7.76 7.87 0 66.32  
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 31 6.48 7.21 3.23 72.9  

消化器内科におけるDPCコード出現件数は200件、総患者数は1,031人でした。総患者数に占める上位5疾患の患者数割合は、「胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし」が3.88%、「食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」が3.69%、「胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし」が3.69%、「穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし」が3.59%、「小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術」が3.01%となっており、5疾患合わせて17.86%でした。

糖尿病・内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 45 28.42 14.27 0 60.93  
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 - - 15.87 - -  
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 - - 11.16 - -  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 13.57 - -  
100070xx97x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 - - 20.5 - -  

糖尿病・内分泌内科におけるDPCコード出現件数は16件、総患者数は80人でした。総退院患者数に占める割合は、「2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満」が56.25%でした。第2位以下の疾患は10人未満の患者数でした。

ページトップへ

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 58 10 31 80 - - 1 6,7
大腸癌 13 47 38 82 27 58 1 6,7
乳癌 79 115 24 16 11 23 1 6,7
肺癌 19 14 - 39 70 84 1 6,7
肝癌 - - - 16 - 23 1 6,7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌の初発の総患者数は837人となっており、StageIが194人、23.18%、StageIIが178人、21.27%、StageIIIが130人、15.53%、SatgeIVが249人、29.75%、不明が86人、10.27%でした。再発患者数は5大癌合わせて200人でした。10人未満の患者数は「ー」で表示してあります。

ページトップへ

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 14 9.5 55.79
中等症 81 16.8 80.27
重症 32 17.88 80.38
超重症 20 20.6 82.9
不明 - - -

市中肺炎とは、 普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人肺炎診療ガイドライン2017(日本呼吸器学会)による肺炎の重症度分類(A-DROP)を用いて集計しています。インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。また、成人の肺炎の指標なので、小児肺炎も集計対象外となります。成人市中肺炎の総患者数は126人となっており、軽症が19人、15.08%、中等症が63人、50.00%、重症が32人、25.40%、超重症が12人、9.52%でした。中等症の患者数が最も多く、重症度が上がるごとに平均年齢が高くなる傾向があります。10人未満の患者数は「−」で表示してあります。

ページトップへ

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 183 28.78 74.53 45.18
その他 14 30.00 72.57 2.54

脳梗塞等の総患者数は197人となっており、脳梗塞(I63$)の発症日から3日以内が183人、92.89%、その他が14人、7.11%でした。10人未満の患者数は「−」で表示してあります。

ページトップへ

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -  

内科におけるKコードの出現数は3件で、総患者数は10人未満でした。すべての手術において患者数は10人未満でした。

リウマチ科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0661 関節滑膜切除術(肩,股,膝) - - - - -  
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) - - - - -  
K270 虹彩光凝固術 - - - - -  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  

リウマチ科におけるKコードの出現数は4件で、総患者数は10人未満でした。すべての手術において患者数は10人未満でした。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -  
K300 鼓膜切開術 - - - - -  
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -  
K6261 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -  

小児科におけるKコードの出現数は4件で、総患者数は10人未満でした。すべての手術において患者数は10人未満でした。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 119 1.29 3.7 2.52 70.64  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 82 1.18 9.96 0 59.8  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 49 1.65 5.88 0 59.82  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 39 1.13 5.21 0 60.92  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 38 2.26 12.92 0 70.32  

外科におけるKコードの出現数は62件、総患者数は574人でした。総患者数に占める上位5手術の患者数割合は、「鼠径ヘルニア手術」が20.73%、「乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))」が14.29%、「腹腔鏡下胆嚢摘出術」が8.54%、「乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))」が6.79%、「腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術」が6.62%となっており、5手術合わせて56.97%でした。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 74 4.65 28.97 32.43 77.11  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 56 2.55 11.88 1.79 54.48  
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 37 1.76 32.51 5.41 73.76  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 31 1 1.48 0 53.1  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 29 4.48 32.38 48.28 78.9  

整形外科におけるKコードの出現数は52件、総患者数は378人でした。総患者数に占める上位5手術の患者数割合は、「骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)」が19.58%、「骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)」が14.81%、「人工関節置換術(肩,股,膝)」が9.79%、「骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿)」が8.20%、「人工骨頭挿入術(肩,股)」が7.67%となっており、5手術合わせて60.05%でした。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 16 1 5.38 0 50.25  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -  

形成外科におけるKコードの出現数は37件、総患者数は87人でした。1位の手術「ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)」の患者数割合は18.39%でした。2位以下の手術において患者数は10人未満でした。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 29 1.1 6.66 6.9 75.45  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -  

脳神経外科におけるKコード出現件数は8件、総患者数は44人でした。総患者数に占める割合は、「慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」が65.90%でした。2位以下の手術は10人未満の患者数でした。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 13 3.69 3.54 0 27.31  
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 10 2.8 8.3 0 70.3  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - - - - -  
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) - - - - -  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -  

呼吸器外科におけるKコード出現件数は11件、総患者数は44人でした。総患者数に占める割合は、「胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))」が29.55%、「肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)」が22.73%でした。3位以下の手術は10人未満の患者数でした。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 24 0.5 1.21 0 66.71  
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 23 0.17 1.17 0 64.43  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 11 1.18 2.73 0 70.36  
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 10 2.1 5.2 0 74.1  
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 10 3 11.5 0 79.3  

心臓血管外科におけるKコードの出現数は18件、総患者数は100人でした。総患者数に占める上位5手術の患者数割合は、「内シャント又は外シャント設置術」が24.00%、「下肢静脈瘤血管内焼灼術」が23.00%、「四肢の血管拡張術・血栓除去術」が11.00%、「ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)」が10.00%、「血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)」が10.00%となっており、5手術合わせて78.00%でした。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 225 1 4.06 0 47.43  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 186 1.01 3.05 0 41.77  
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 66 1 3.88 0 37.08  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 43 0.79 0.51 0 41.6  
K9122 子宮外妊娠手術(腹腔鏡) 26 0.04 3.04 0 30.04  

産婦人科におけるKコードの出現数は38件、総患者数は719人でした。総患者数に占める上位5手術の患者数割合は、「腹腔鏡下腟式子宮全摘術」が31.29%、「子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)」が25.87%、「腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術」が9.18%、「子宮頸部(腟部)切除術」が5.98%、「子宮外妊娠手術(腹腔鏡)」が3.62%となっており、5手術合わせて75.94%でした。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 439 1 1.53 0 75.78  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 63 0 0 0 66.56  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -  
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -  

眼科におけるKコードの出現数は4件で、総患者数は505人でした。1位の「水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)」の患者数が総患者数に占める割合は86.93%、「硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)」が12.48%で、3位、4位の手術は10人未満の患者数でした。

耳鼻いんこう科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 39 1.44 5.26 0 19.46  
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 21 0 4.9 0 38.81  
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 10 1.5 1.6 0 13.6  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 2 5.8 0 54.3  
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -  

耳鼻いんこう科におけるKコードの出現数は29件、総患者数は131人でした。総患者数に占める上位4手術の患者数割合は、「口蓋扁桃手術(摘出)」が29.77%、「扁桃周囲膿瘍切開術」が16.03%、「鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術」が7.63%、「リンパ節摘出術(長径3cm未満)」が7.63%でした。5位の手術は10人未満の患者数でした。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 11 0 1.27 0 43.18  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -  
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -  
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -  

皮膚科におけるKコードの出現数は13件で、総患者数は43人でした。1位の「皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)」の患者数が総患者数に占める割合は25.58%で、2位以下の手術は10人未満の患者数でした。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 97 1.39 4.64 0 71.14  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 78 0.06 0.99 0 55.03  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 47 2 7.53 0 72.38  
K797 膀胱内凝血除去術 14 2.86 7.64 14.29 78.93  
K8282 包茎手術(環状切除術) 14 0.86 1.07 0 32.07  

泌尿器科におけるKコードの出現数は35件、総退院患者数は361人でした。総患者数に占める上位5手術の患者数割合は、「膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)」が26.87%、「体外衝撃波腎・尿管結石破砕術」が21.61%、「経尿道的前立腺手術(その他)」が13.02%、「膀胱内凝血除去術」が3.88%、「包茎手術(環状切除術)」が3.88%となっており、5手術合わせて69.26%でした。

呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) - - - - -  

呼吸器内科におけるKコードの出現数は3件で、総患者数は3人でした。すべての手術において患者数は10人未満でした。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 59 2.98 2.8 0 68.73  
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 36 2.28 3.33 0 68.81  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 23 3.74 11.83 0 78.39  
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 17 2.76 1.18 0 60.71  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 12 0.58 9.25 0 70.58  

循環器内科におけるKコードの出現数は18件、総患者数は174人でした。総患者数に占める上位5手術の患者数割合は、「経皮的冠動脈ステント留置術(その他)」が33.91%、「経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)」が20.69%、「ペースメーカー移植術(経静脈電極)」が13.22%、「経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他)」が9.77%、「経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)」が6.90%となっており、5手術合わせて84.49%でした。

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 18 13.28 18.39 5.56 68.28  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - - - - -  
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -  

腎臓内科におけるKコードの出現数は11件で、総患者数は38人でした。1位の「内シャント又は外シャント設置術」の患者数が総患者数に占める割合は47.37%で、2位以下の手術は10人未満の患者数でした。

血液・腫瘍内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -  
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -  
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) - - - - -  
K636 試験開腹術 - - - - -  
K711-2 腹腔鏡下脾摘出術 - - - - -  

血液・腫瘍内科におけるKコードの出現数は6件で、総患者数は10人未満でした。すべての手術において患者数は10人未満でした。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 282 0.21 2 0 69  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 67 0.22 2.03 0 67.7  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 55 0.51 4.6 1.82 70.82  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 38 1.08 7.45 0 75.03  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 28 1.96 14.57 0 76.29  

消化器内科におけるKコードの出現数は53件、総患者数は715人でした。総患者数に占める上位5手術の患者数割合は、「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)」が39.44%、「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)」が9.37%、「早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術」が7.69%、「内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)」が5.31%、「内視鏡的胆道ステント留置術」が3.92%となっており、5手術合わせて65.73%でした。

糖尿病・内分泌内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) - - - - -  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -  
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) - - - - -  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -  

糖尿病・内分泌内科におけるKコードの出現数は5件で、総患者数は10人未満でした。すべての手術において患者数は10人未満でした。

ページトップへ

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 30 0.35
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 48 0.56
異なる - -

DIC等の症例数は79件となっており、敗血症の入院契機と同一が21件、26.58%、敗血症の入院契機と異なるが11件、13.92%、手術・処置等の合併症の入院契機と同一が45件、56.96%でした。10人未満の症例数は「−」で表示してあります。当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。

更新履歴

2018/09/28 「病院情報の公表」ページを開設しました。

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.