病院沿革

大和市立病院の沿革

昭和30年 3月 大和町議会で病院設置決議、大和町国民健康保険直営病院開設許可
7月 大和町国民健康保険直営病院として発足
-- 病床数 24床 診療科 (内科、外科、産婦人科)
昭和31年 6月 小児科・耳鼻いんこう科・皮膚泌尿器科を置く
伝染病棟建築工事完了
8月 伝染病棟30床使用許可
9月 基準給食承認
昭和32年 7月 眼科を置く
昭和34年 2月 市制施行、名称を国保直営大和市立病院に変更
病床数77床 診療科 (内科・外科・産婦人科・小児科・耳鼻いんこう科・眼科・皮膚泌尿器科)
5月 整形外科を置く
10月 特2類基準看護承認、伝染病棟全面委託される
昭和36年 1月 名称を国保大和市立病院に変更
病床数126床 診療科 (内科・外科・産婦人科・小児科・耳鼻いんこう科・皮膚泌尿器科・整形外科)
昭和39年 4月 地方公営企業法の一部改正により、企業会計方式を実施
昭和40年 3月 基準寝具承認
昭和41年 3月 昭和41年度から43年度までの 3ケ年継続事業として、病院改築防音工事着手
昭和43年 2月 総合病院の名称使用承認、名称を大和市立病院に変更
病院改築防音工事竣工、現在地に移転、診療を開始する
病床数206床 (一般 150床、結核26床、伝病30床)
10月 看護婦宿舎及び医師住宅新築防音工事着手
病院内で銀行による公金収納事務取扱い開始
昭和44年 3月 看護婦宿舎及び医師住宅新築防音工事竣工
結核病床32床に増床 -- 病床数212床 (一般 150床、結核 32床、伝病 30床)
8月 全館除湿 (冷房) 工事竣工
昭和45年 9月 救急病院の認定
12月 結核病床を廃し、一般病床に変更 -- 病床数212床 (一般 182床、伝病30床)
昭和46年 2月 昭和45年度から46年度までの2ケ年継続事業として、本館4階増築防音工事着手
9月 本館4階増築防音工事竣工 -- 病床数314床 (一般 284床、伝病 30床)
昭和48年 3月 管理診療棟増築防音工事及びアイソトープ室新築工事竣工
4月 一般病床の変更、 リハビリテーション設置 -- 病床数302床 (一般 272床、伝病 30床)
5月 皮膚泌尿器科を皮膚科、泌尿器科とする
昭和50年 3月 院内託児室竣工
昭和51年 1月 外来待合ホール 改造工事竣工
3月 4階南病棟改造工事竣工
6月 別館病棟改造工事竣工
8月 病床数 280床 (一般 250床、伝病30床)
10月 脳神経外科を置く
昭和52年 2月 院内託児室増築工事竣工
昭和53年 3月 医師住宅新築工事竣工、放射線棟増築工事竣工
昭和54年 3月 アイソトープ室廃棄物貯蔵施設工事竣工、本館増改築防音工事竣工
病床数337床(一般 307床、伝病30床)
7月 医療相談室開設
12月 市内5病院で輪番制を実施、救急医療対策をはかる
昭和55年 3月 駐車場舗装工事竣工、院内託児室増築工事竣工
昭和56年 6月 重症者の看護病床実施承認 (14床)
昭和57年 3月 病院更衣棟建替工事竣工
4月 人間ドック開設
昭和59年 3月 特別診療室新築工事
7月 麻酔科を置く
9月 エレベーター地震管制装置取付工事完了
11月 冷温水補給水槽取替工事完了
昭和60年 11月 別館病棟配管設備改修工事完了
昭和61年 1月 放射線棟血管造影撮影室改修工事完了
4月 医事業務電算化スタート
7月 運動療法施設基準の実施承認
昭和62年 1月 空調冷温水配管改修工事完了
3月 作業療法室改修工事完了
11月 入院患者の6時給食 (夕食) 開始
12月 給水給湯蒸気配管改修工事完了
昭和63年 6月 特3類基準看護承認(2階病棟及び別館病棟)
12月 作業療法の実施承認・老人作業療法の施設基準に係る承認
平成元年 4月 新病院建設に係る設計業務委託に着手
7月 院内に現金自動入出金機(ATM)設置、営業開始
12月 病院開設許可 (90床の増床許可)
平成2年 7月 特3類基準看護承認(4階北病棟)
12月 新築建替工事着手
平成3年 3月 医師住宅・看護宿舎(メディックス鶴間)完成及び新院内託児室(ひまわり保育園)開園
5月 農林水産省用地取得
平成4年 2月 新医事会計システム稼働
4月 特3類基準看護承認(3階南・北及び 4階南病棟)
8月 在宅療養指導の実施
12月 完全週休二日制 (土曜休診) の実施
平成5年 3月 看護婦宿舎(ホスパルウエスト、イースト)完成
7月 新築建替工事完成
11月 新病院での診療を開始する -- 病床数403床 (一般397床、伝病6床)
12月 特3類基準看護・基準給食・基準寝具・理学療法 (II) ・作業療法 (II) ・重症室料特別加算・夜間看護等加算の変更承認
平成6年 4月 特別管理給食加算承認、院内学級(小学部・中学部)開設
7月 開放型病院及び無菌製剤業務の承認、病床管理の一元化実施
10月 薬剤管理指導の施設基準の承認、新看護等に係る届出受理
11月 夜間看護加算に係る届出受理
平成7年 5月 体外衝撃波胆石・腎・尿管結石破砕術の施設基準受理
6月 重症の特別療養環境の施設基準変更承認
平成8年 4月 院内感染防止対策の施設基準に係る届出の受理
検体検査管理の施設基準に係る届出の受理
画像診断管理の施設基準に係る届出の受理
11月 人間ドック室構造設備の変更 開設許可事項変更許可
平成9年 10月 診療用放射性同位元素の設置に係る届出
平成10年 3月 災害医療拠点病院の指定
4月 ペースメーカー移植術の施設基準に係る届出の受理
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)の施設基準に係る届出の受理
経皮的冠動脈形成術の施設基準に係る届出の受理
臨床研修病院の指定
平成11年 4月 心臓血管外科を置く
10月 日本透析医学会認定施設の認定
平成13年 6月 日本神経学会認定医制度教育関連施設の認定
平成14年 4月 日本腎臓学会研修施設の認定 
平成15年 5月 病床数403床(一般病床)
10月 臨床研修病院の再指定
平成16年 6月 病院機能評価認定病院となる
9月 神経内科を置く
10月 院外処方実施
平成17年 8月 日本胸部外科学会認定制度関連施設の指定
平成18年 10月 医療安全管理室を置く
平成19年 1月 脳卒中ケアユニット(SCU)の施設基準に係る届出の受理
4月 血液内科を置く
地域医療連携室を置く
平成20年 10月 リウマチ科、腎臓内科を置く
病理を病理診断科に変更
12月 院内夜間託児室の開設
平成21年 1月 産科医療補償制度加入
3月 病院経営計画(公立病院改革プラン)の策定
12月 5S病棟の閉鎖
平成22年  3月 7:1看護基準取得
院内コンピューターシステム入れ替え
4月 呼吸器外科を置く
夜間託児室を直営化
5月 5S病棟の閉鎖解除
10月 新生児特定集中治療室(NICU)の施設基準に係る届出の受理
平成23年 4月 糖尿病・内分泌内科、乳腺外科を置く
定数条例改正 病院職員定数が530名となる
食堂・売店リニューアルオープン
7月 エコチル育児相談開始
10月 がん相談支援室の開設
11月 産婦人科セミオープンシステム開始
平成24年 3月 新たな経営計画の策定
1階外来トイレ改修
4月 血液内科を血液・腫瘍内科に変更
地域がん診療連携拠点病院の指定
DPC(診断群分類包括評価)対象病院の指定
平成25年 1月 救急棟の増築工事着工
3月 DMAT指定病院に指定
NICUを増床
救急棟の増築工事完了
歯科口腔外科診察室整備完了
非常用発電機用重油タンク増設工事完了
平成26年 4月 救急棟全面稼働開始
5月 歯科口腔外科診療開始
10月 入院病床再編
平成27年 4月 形成外科を標榜
6月 売店・光庭リニューアル
平成28年 4月 経営戦略室を置く
平成29年 6月 消化器外科を標榜

歴代病院長

初代 風間 茂 昭和30.2〜昭和44.3
2代 根元儀一 昭和44.6〜昭和49.8
3代 村田太郎 昭和49.9〜昭和50.8
4代 伊藤秀夫 昭和50.9〜昭和57.12
5代 田村武司 昭和58.1〜昭和61.9
6代 遠山隆夫 昭和61.10〜平成 6.3
7代 大宮東生 平成 6.4〜平成19.3
8代 五十嵐俊久 平成19.4〜

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.