麻しん(はしか)の流行に伴う来院時のお願い

 現在、麻しん(はしか)が流行しています。
次の症状がある方は麻しんの疑いがあります。直接来院するのではなく、事前に病院へ電話し、受診方法をご相談ください。

  • 体に発疹が出ている
  • 麻しんを発症した患者と接触歴がある
  • 他の医療機関で麻しんの疑いがあると言われた
  • 2〜4日間、38℃前後の発熱が続いた 
  • 倦怠感がある
  • 咳、鼻水、くしゃみなどの症状がある
  • 目に違和感がある(充血している、目やにが多い、光をまぶしく感じるなど)

麻しんは非常に感染力が強い病気です。ご来院の際は公共交通機関のご利用を避け、マスクの着用をお願いいたします。

病院長 五十嵐 俊久
病院連絡先:046−260−0111

麻しんが疑われる患者さんへ
※画像をクリックしても参照できます。

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.