マイクロ波による過多月経の治療を始めました

平成23年4月より厚生労働省の承認を受け、先進医療としてマイクロ波子宮内膜アブレーションと呼ばれる治療を実施いたします。

これは、月経時の出血が多く、貧血症状がある患者さんに対する新しい治療で、子宮内からマイクロ波を照射して子宮内膜を加熱し壊死させる手術です。
 原理は電子レンジ(マイクロ波オーブン)と同じで、分子を超高速に振動させ、その振動により発生した熱で壊死させますので、身体に負担をかけずに治療ができます。(ただし、妊娠を望む方には適しません。)
2泊3日の入院予定となります。退院後はしばらくシャワー浴となるほかはすぐに普通の生活が可能です。
窓口でお支払いいただく費用は、保険適用外となる先進医療分と、保険適応となる入院料等を含め、概ね13万円程度となります。
詳しい治療内容については担当医師にお問い合わせください。

                          大和市立病院 産婦人科

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.