身体障害者補助犬の受け入れについて

当院では、身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の同伴を受け入れています。身体障害者補助犬は、法律で公共施設への同伴が認められています。次の受け入れ条件により、同伴可能区域への受け入れを行いますので、皆様のご理解をお願いします。

  • 盲導犬は、眼の不自由な方を誘導します。胴に白か黄色の胴輪をしています。
  • 介助犬は、からだの不自由な方の手足となります。介助犬の表示札がついています。
  • 聴導犬は、耳の不自由な方に音を知らせます。聴導犬の表示札がついています。

受入条件 〜身体障害者補助犬の使用者の方へ〜 

身体障害者補助犬を同伴される方は「総合案内」又は「面会受付」で次の申し出を行ってください

  1. 「身体障害者補助犬健康管理手帳」と「身体障害者補助犬認定証」を提示
  2. 補助犬に装着すべき決められた表示札を提示
  3. 狂犬病、犬レプトスラピ病、犬パルボウイルスの三種ワクチン接種の有無の申告

同伴可能区域

各診療科待合室、診察室、各階病棟談話室、エレベーターホール、食堂、売店、病室(個室に限る)

同伴不可能区域

病室(個室以外)、手術室、放射線撮影室、検査室、その他院長が定める区域

身体障害者補助犬を見かけたら

  • 身体障害者補助犬は使用者のお手伝いをする「仕事」を担っています。院内で見かけた場合は静かに見守ってください。
  • 声を掛ける、触る、口笛を吹く、食べものを与える、といった行動はご遠慮ください。

※当院では、身体障害者補助犬以外の動物(ペット)の同伴はお断りしています。

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.