腎臓内科

主な対象疾患

慢性腎不全、急性腎不全、糖尿病性腎症、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性腎炎

診療内容・特徴

慢性腎不全の患者さんの透析導入を扱っています。維持透析は行っておりません。他のクリニックでの維持透析患者さんの入院治療が必要なケースは受け付けております。土日は緊急以外は透析を行っていませんのでご了承ください。
血漿交換、免疫吸着などの治療は主科の依頼に応じて適宜行っております。
慢性腎不全の糖尿病患者さんの血糖コントロール入院等も代謝内分泌の医師と連携しながら行っております。
腎生検は疾患に応じて適宜行っております。
白血球除去、免疫吸着などの他科に関連した血液浄化療法も行っております。

診療実績

平成28年度の年間透析導入患者数:49人。緊急透析:のべ10人。急性腎不全の透析患者数:4人。

当院では慢性腎不全の患者さんにおいては外来でまず心臓血管外科の医師と連携し、内シャントの造設のための入院を短期間でしていただき、いったん外来で経過をみていき、導入時期がきた場合に再び入院してもらいます。導入のための入院は食事の教育、日常生活の教育なども含むので大体3週間前後となります。そののちご自宅の近くのクリニックへ紹介という形をとらせてもらっております。通院が不可能な患者さんはケースワーカーと連携して透析設備のある入院施設への転院をおすすめしています。平成24年度から腹膜透析の外来通院も開始しました。

平成29年度

・新規導入患者
43件
・白血球除去療法
1件
・顆粒球除去療法
4件
・二重膜濾過法
1件
・腹水濃縮濾過静注法
2件
・腎生検
30件

医師の紹介

氏名 職位等 卒年 資格等
竹下 康代 担当部長 昭和63年 日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本高血圧学会指導医
日本アフェレシス学会専門医
日本医師会産業医
医学博士
横浜市立大学医学部臨床教授
横浜市立大学医学部非常勤講師
原 美朋 医長 平成21年 日本内科学会認定医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
澁谷 論之 医員 平成24年 日本内科学会認定医
海老原 正行 医員 平成24年 日本内科学会認定医
日本腎臓学会専門医

外来担当表

基本的に月、水、金に透析を行っております。火、木、土の患者さんを送るときは調整が必要なので、前もって連絡をいただければ幸いです。

最終更新日:2018年11月20日

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.