小児科

診療実績

入院患者数

ワクチンで減少する入院疾患

平成22年にヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンに対する補助が開始され、これらの菌による重症の髄膜炎の患者さんはいなくなりました。同時にこれらの菌による肺炎の入院患者さんも減少してきています。少し遅れてロタウイルスワクチンが平成23年秋に開始され急性胃腸炎の入院患者さんも減少しています。

予防困難な入院疾患

尿路感染症や川崎病など、予防困難な疾患は毎年ほぼ同じ数の入院があります。

最終更新日:2016年4月14日

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.