リハビリテーション科

主な対象疾患

病名では 脳卒中や脳性まひ 各種術後障害 認知症が多いですが 何がしかのご病気があって 体の不自由が生じた方であれば どなたでも ご相談に応じます 病気をきっかけに 突然 あるいは徐々に 身の回りのことや 歩くことが困難となり これまでの生活を維持出来なくなった方が 対象となります

診療内容・特徴

当科では 病気や外傷の治療は 行いません それらの治療によって 障害内容が 回復する時期には 治療を行う当該科の医師に ご相談ください 医療保険利用でのリハビリテーション治療を受けられる目安は 整形外科領域で 発症から3カ月以内 内科疾患で半年以内となっております 当科では 急性期リハビリテーションが終了した方や 先天傷害や脳性まひを持つ成人(高齢者含む)を対象に 「どんな リハビリを受けたら良いのか?」「経済的負担を最小限にするには どんな方法があるのか?」「出来る限り長くリハビリを受けるには 何が必要だろうか?」といったことを 見つけるお手伝いを 継続的に行っています 当科を初診される場合は 可能な範囲で以下の情報をご持参ください (1) 障害の原因疾患名(診療情報提供書・各種診断書のコピー) (2) 医療保険証 (3) お薬手帳(複数の医療機関受診者) (4) 身体障害者手帳・心身障害者医療症 (4) 介護保険証

診療実績

現在 継続的に外来受診をされる患者さんとの対話のテーマは 以下のようになっています

  1. 訓練を受けたいのですが何処で受けられますか?どのくらいの経済的負担ですか?
  2. 補装具(杖や車いすを含む)の作成・修理をして欲しいのですがが可能ですか?その場合どんな手続きが必要ですか?
  3. 車いす(あるいは 杖やその他の補装具を使う)生活は嫌です何とかなりませんか?
  4. このまま介護を続けてもどんどん悪くなる気がして とても不安です
  5. その他 自宅改造 旅行 後見人制度等々について

患者さんは それを支える沢山の人とともに どんな自分らしい生活を手に入れてゆくのでしょうか? それが手に入ったら 当初感じていたストレスは どんな風に変化するのでしょうか? そんな景色を ほんの一瞬 垣間見るのを 楽しみにお待ちいたしております

医師の紹介

氏名 職位等 卒年 資格等
盒供〕害騨 上級医長 昭和61年 日本リハビリテーション医学会 専門医・認定臨床医・指導責任者 新臨床研修指導医 義肢装具等適合判定医 身体障害者福祉法指定医(肢体不自由) 一般財団法人生涯学習開発財団認定コーチ

外来担当表

休診時間 : 月〜金の正午〜午後1時   土曜・日・祝祭日は 終日休診
外来診療時間 : 月〜金曜日午前9時〜12時 午後1時〜4時
装具外来 : 月曜日午前中(全例予約のみとなっております お電話下さい)
車いす外来 : 身障手帳利用のみ 全例予約制で 水曜日午前中(あらかじめ外来診療時間内に 電話予約要)
ボツリヌス外来 : 心身障害者医療症利用のみ 全例予約制 木曜午後1時30分〜4時30分
あらかじめ受診要します まずは お電話でご連絡ください
予約電話の受付時間 : 月〜金曜日 午前9時〜12時 午後1時〜4時

最終更新日:2017年5月12日

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.