各部門のご案内
診療部のご案内
看護部のご案内
医療技術部のご案内
医療安全管理室のご案内
患者サポートセンターのご案内
事務局のご案内
倫理委員会

PDFをご覧いただくためには「Acrobat Reader」(無料)が必要です。

<今ご覧になっているパソコンに Acrobat Readerがインストールされていない場合> PDFをご覧いただくためには「Acrobat Reader」(無料)が 必要です。

GetADOBEREADER

上のマークをクリックしてダウンロードしてからご覧になってください。

外科

外来診療について

外来診療については月曜日から金曜日に1〜2名の医師で行っております。
初診の受付時間は午前が8:30から11:00までです。

主な対象疾患

食道、胃、小腸、大腸などの消化器悪性疾患、及びヘルニア(鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニアなど)、胆石症、痔核、痔瘻、直腸脱などの良性疾患。また外科治療を要する急性腹症などの治療をおこなっています。

診療内容の概要及び特徴

1. 消化器悪性疾患の治療

各種癌ガイドラインに準じ、エビデンスに基づいた治療を行っています。
胃、大腸手術には積極的に腹腔鏡手術を導入しています。
手術の他にも、術前・術後補助化学療法、再発に対する化学療法・放射線療法、化学放射線療法、緩和治療など、がんに対して集学的に治療を行っています。
治療方針に難渋する症例は、キャンサーボード(患者の状態に応じた適切な治療を提供することを目的として医療機関内で開催される検討会)にて、他科医師(消化器内科、消化器外科、放射線科、病理診断科)と個々の症例を検討し、最善の治療を提供できるように努めています。

2. 低侵襲手術

手術による負担をできるだけ軽くするために、腹腔鏡手術を積極的に行っております。
消化器悪性疾患、消化器良性疾患、癒着性イレウス、鼠径ヘルニア、胆石症などに対して、当施設での手術適応を厳格に定め、安全性を重視し、合併症ゼロを目指して取り組んでいます。

3. 救急疾患への対応

急性腹症で手術が必要な場合など迅速に対応します。
外科は365日オンコール体制をとっており、日中は外科外来担当医が、夜間・休日は当直医が対応します。
重症患者など対応の困難な場合は、関連病院へ紹介・転院搬送を行っています。

悪性腫瘍に対する治療

食道・胃

食道癌の外科治療は、画像診断(上部消化管内視鏡や造影CT等)で評価し、病気の進み具合(ステージ)を決定し、そのステージに合わせた治療を行っています。早期食道癌であれば身体の侵襲の少ない胸腔鏡下食道切除術を行っています。
また、進行食道癌の場合は、癌の縮小や癌細胞微小転移を減少させる目的で、術前補助化学療法を行ってから手術を行っています。手術以外の治療として消化器内科や放射線科(放射線治療)と連携し、内視鏡治療及び化学放射線療法等の集学的治療も積極的に行っています。
胃癌の外科治療に関しても、画像診断等で癌のステージを決めた後に、早期胃癌であれば機能温存手術・腹腔鏡手術を行っています。
手術可能な進行癌で、再発や転移を起こしやすい状態であれば、術前あるいは術後に化学療法(抗癌剤)を行うことで治療成績の向上に努めています。
その他胃の良性腫瘍(胃粘膜下腫瘍等)に対しても、積極的に腹腔鏡手術を取り入れています。

大腸(結腸・直腸)

大腸癌の外科治療は、手術の負担をできるだけ減らすため、早期癌だけでなく進行癌に対しても積極的に腹腔鏡下手術を行っています。年々その割合は増えており、2016年度は治癒切除を行った大腸癌手術の90%以上を腹腔鏡下手術で行っています。
根治切除が困難な進行癌に対しても、術前化学療法(結腸・上部直腸)や術前放射線化学療法(下部直腸)を行って腫瘍を縮小させて手術を行っています。また癌のステージに応じて術後補助化学療法を行い、根治性の向上に努めています。
切除可能な他臓器転移(肺、肝蔵等)に対しても、呼吸器外科や近隣の医療機関と連携して積極的に外科治療を行っています。
切除不能再発進行癌に対しては、消化器内科や放射線科等と連携して、化学療法や放射線治療などの集学的治療を行っています。

肝臓・胆道系・膵臓

肝臓、膵臓、胆道系の悪性腫瘍の外科治療には高難易度の手術が必要である場合が多く、専門医による治療が求められます。現在、当院では肝胆膵外科専門医が不在である為、これらの領域の悪性腫瘍に対しては、当院で精密検査を行い、近隣の専門施設へ紹介しています。

医療関係者の方へ -紹介していただく際の留意点-

  • 現在、肝胆膵外科専門医が不在である為、肝胆膵領域の悪性疾患及び高難易度手術が必要な疾患は近隣の専門施設へ紹介しています。
  • 15歳以下の小児外科手術は大学病院などの専門施設へ紹介しています。
  • 甲状腺・副甲状腺手術は行っていません。
  • 既往歴、服用中の薬剤の種類、病名告知などの情報を併せて頂ければ幸いです。

医師の紹介

氏名 職位等 卒年 資格等
小倉 直人 科長 平成10年 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
日本内視鏡外科学会技術認定
消化器がん外科治療認定医
難病指定医
身体障害者福祉法指定医
根本 昌之 上級医長 平成10年 日本外科学会専門医・認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
和田 治 医長 平成14年 日本外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定
日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
古城 憲 医長 平成18年 日本外科学会専門医
身体障害者福祉法指定医
細田 篤志 医長 平成19年 日本外科学会専門医
藤野 史織 医員 平成25年 検診マンモグラフィ読影医師
鈴木 博 非常勤 昭和50年  
鎌田 弘樹 非常勤 平成11年  
鷲尾 真理愛 非常勤 平成19年  

外来担当表

最終更新日:2017年5月22日

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.