医療安全管理室のご案内

医療安全管理室では院内の医療安全の確保と、院内感染の防止の為の活動を組織的に取り組んでおります。市民のみなさまに寄り添う医療を目指し日々努力して行きたいと考えています。
病気は患者さん・ご家族・医療者が一体となって闘っていかなければいい結果を生みません。患者さん・ご家族と共に力を尽くしていきたいと思っています。

医療安全管理部門

業務内容

院内の安全管理を担い、委員会の決定事項を実施すると共に安全管理に関する調査、分析、指導を行っています。

主な活動内容

  1. 医療安全に関する院内の連絡調整及び広報
  2. 医療安全に関する職員の教育・研修の企画及び運営
  3. 医療安全管理マニュアルの作成・修正、整備
  4. 医療事故を防止するための情報収集、分析・対策立案、フィードバック、評価
  5. 医療事故への対応

感染管理部門

業務内容

平成25年4月1日より、医療安全管理室に専従で感染管理を行う感染管理認定看護師が配置されました。
感染管理は、患者さんや家族、面会者、医療従事者を医療に関連した感染から守ることを目標としています。
現在は、院内で医療関連感染の早期発見と防止に取り組んでいる感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)と協働して活動しています。
また、院内感染対策委員会や各部署の感染対策を推進するリンクナースと連携し、感染のリスクを低減に努めていくとともに、安全で快適な院内環境の向上を目指します。

主な活動内容

  1. 発生動向監視(サーベイランス)
  2. 院内ラウンド
  3. 感染対策相談(コンサルテーション)
  4. マニュアルの作成
  5. 改善への介入(インターベンション)
  6. 感染症に関する職員教育・啓蒙
  7. 院内感染流行発生時の速やかな調査・対応
  8. 院内感染対策委員会、リンクナースとの連携
  9. その他感染管理者が必要と認めること

医療安全管理室のご案内

医療事故等の報告体制

医療の原点は患者さんに安全な医療を提供することであり、医療従事者は日々、努力を行っています。現在当院では、事故には至らず、未然に防げたケースやヒヤリとしたケース、間違って行われたケースなどに関して報告制度を設けています。さらに現場ではニアミス(インシデント)や同じようなトラブルが発生することがあり、それに対して報告された事例から、分析を行い、対策等を考え、再発防止に努めています。

報告書による危険度評価

インシデント

レベル 0  :
エラーや医薬品・医療器具の不具合が見られたが、患者には実施されなかった
レベル 1  :
患者への実害はなかった(何らかの影響を与えた可能性は否定できない)
レベル 2  :
処置や治療は行わなかった(患者観察の強化、バイタルサインの軽度変化、安全確認のための検査などの必要性は生じた)
レベル 3a :
簡単な処置や治療を要した(皮膚の縫合、鎮痛剤の投与など)

アクシデント

レベル 3b :
濃厚な処置や治療を要した(バイタルサインの高度変化、人工呼吸器の装着、手術、入院日数の延長、外来患者の入院、骨折など)
レベル 4a :
永続的な障害や後遺症が残ったが、有意な機能障害や美容上の問題は伴わない
レベル 4b :
永続的な障害や後遺症が残り、有意な機能障害や美容上の問題を伴う
レベル 5  :
死亡(原疾患の自然経過によるものを除く)

<この中には、不可抗力によるもの、過失によるもの、予期せぬ事態などが含まれる>

事故報告書は数が少なければよいと言うことではなく、自分たちの提供した医療に、真摯に向き合い、検討して行くことが重要と考えています。また、事故発生に対しては、個人の問題と考えるよりは組織としてシステム的に改善や対応策を念頭において検討して行く事が必須と考え、取り組んでいます。

医療事故等の公表

目的

大和市立病院(以下「病院」と略)で発生した医療事故等について、以下の公表基準に従って、市民に情報の提供を行う。これにより、病院の透明性の確保を図り、市民に信頼され、安心して医療が受けられる安全管理体制の確立を目指していく。

1)発生した医療事故等の各レベルに対応する公表基準は次のとおりとする

区分 医療過誤(過失あり) 過失のない医療事故
レベル0 包括的な形式で一括公表
レベル1
レベル2
レベル3a
レベル3b
レベル4a 重大な場合個別公表 原則非公表
レベル4b
レベル5 原則個別公表

手術・検査などの医療行為を行うときに、どんなに努力して慎重に行っても、現在の医療のレベルでは避けられない合併症などをもたらすことがあります。これは、医療事故とは異なると考えています。したがって、事例件数には入っていません。

2)インシデント・アクシデント集計報告(個別公表は含まず)

【延入院患者数 ・ 延外来患者数】
項目 平成25年度 平成26年度 平成27年度
延入院患者数 116,596 119,145 118,668
延外来患者数 228,015 232,145 243,663

※延外来患者数は、入院患者の外来受診を含まず

【レベル別】
レベル 平成25年度 平成26年度 平成27年度
レベル0 62 146 201
レベル1 449 446 537
レベル2 281 202 257
レベル3a 16 18 25
レベル3b 11 5 2
レベル4 1 0 0
総件数 820 817 1,022
【事象別】
事象 平成25年度 平成26年度 平成27年度
薬剤 295 283 332
転倒・転落 213 196 195
ドレーン・チューブ 105 100 119
治療・処置 40 63 64
検査 65 52 80
療養上の世話 80 86 96
医療機器等 9 3 16
その他 13 34 120
総件数 820 817 1,022
【職種別】
職種 平成25年度 平成26年度 平成27年度
看護師 722 694 894
薬剤師 28 55 37
医師 12 18 13
臨床検査技師 9 5 15
診療放射線技師 2 4 6
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 11 3 13
栄養士・調理師 34 34 38
臨床工学技士 2 4 6
MSW 0 0 0
事務 ・その他 0 0 0
総件数 820 817 1,022

3)医療事故等の代表的な事例と再発防止策

レベル 概要 再発防止策
レベル1 右下肢に点滴ラインを留置していた。看護師2名で車椅子からベッドの戻すときに抜針してしまった。 ・点滴ライン固定の強化                
・移乗時は点滴ラインの位置、患者と介護者の位置を考える
レベル2 スリッパで歩いていたが足がもつれて洗面台に歯をぶつけて抜けてしまった ・歩行時は必ずナース・コールを押すように説明した
レベル3a 医師より口頭でメプチン・インタール吸入の指示があったが、ボスミン吸入と間違えて実施した。 ・口頭指示を受けた時は必ず復唱する
・コンピュータ画面で指さし呼称声だし呼称する
レベル3b 狭心症の治療後で抗凝固剤を使用していた。物音がして部屋に行くとベッドから転落していた。CTにて脳内出血認められ手術を受けることになった。 ・抗凝固剤を使用中の患者・家族には出血しやすいことの説明を確実に行う
・危険行動の予測ができる場合は承諾の元身体拘束を行う

入院患者の転倒・転落発生率(QI指標)

医療事故防止への取り組み

KYT(危険予知トレーニング)

現場では、ニアミス(インシデント)や同じような状況においてトラブルが発生することがあります。そこで、日常の中で危険を予知するトレーニングを行うために、実際に起こった事故事例を復唱し、再発防止していくために指差し呼称しています。下記の写真は日々のトレーニングシーンです。

KYT(危険予知トレーニング)

手術室での医療事故防止への取り組み

誤認手術防止の為のタイムアウトを取り入れています。タイムアウトとは、手術執刀前に担当医・麻酔医・看護師が一斉に手を止めて、患者氏名・術式・手術部位の確認を行い、誤認手術を防止する取り組みの事を言います。

タイムアウトイラスト

実際の画像

医療安全研修会

医療安全管理室では、年に2回以上全職員を対象とした医療安全に係る様々な研修会を開催し、職員全体に医療安全確保の意識高揚を図る活動も行っております。

外部専門家による「患者確認の重要性」をテーマとした講義の様子
外部専門家による「患者確認の重要性」をテーマとした講義の様子

身体の具合が悪くなったり、病気をしてしまうと何かと不安になってしまうものです。医療者の説明に不足があったり、自分で了解が出来ていない時など、何か間違っていたのではないかなど感じられることもあると思います。
そんな時は、率直に医療者に確認をして下さい。何らかの理由で確認できなかったり、客観的に調べてほしい時や安全に医療が提供されていないと思われた時の相談にも応じています。患者さんから直接ご意見を聞かせていただくことは、医療者にとっても、非常に有意義なことであり、市民の皆さまから「信頼される医療」の提供に役立つと考えています。なお、患者さんやご家族が相談による不利益を受けることのないよう、十分配慮をいたします。

最終更新日:2015年9月15日

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.