診療情報管理センター

診療情報管理センターは、社会情勢の変化(新たな情報通信技術等)や患者さんの医療に対する認識の変化に対応すべき部門として設置され、診療録および診療情報の適切な管理を行うことで、患者さんに貢献することを目標に日々業務を行っております。

実際の業務としては、大きく電子計算機システム業務と患者さんに係る診療録・画像記録用フィルムに関する業務の2つに分かれております。

電子計算機システム業務

電子計算機システム業務では、基本理念に掲げられている「良質かつ適切な医療サービスを提供します」を実現する為に現在稼動中の総合医療情報システムの維持、そしてさらなる発展を目標にシステムを構築しており、現在は以下のようなシステムが稼動しております。(図1参照)

ソフトウェア及び部門システム構成図
図1

“システムとは、完成された形がなく生きている”ため周囲の環境の変化に対応していかなければ使えなくなるという宿命を背負っています。総合医療情報システムは、医療技術の発展等により日々変化成長していくものであり、現在のシステムを維持・発展させる為に、新たな情報通信技術や医療をとりまく環境の変化等を考えながら取り組んでいます。
また、新たに大和市立病院ホームページ管理の担当となりました。トップページを始め、各ページの情報を常に最新の状態に保てるよう、より利用しやすいよう取り組んでいきたいと思いますのでよろしくお願いします。

診療録管理業務

患者さんに係る診療録等に関する業務では、診療録は適切な医療が行われたかを示す記録であり、診療情報の提供、医療の質の向上の為に診療録および診療情報の適切な管理が求められており、当院では中央管理方式にて管理を行っております。

外来診療の為に毎日約900件の外来診療録の貸し出しと返却業務、実施された検査データの整理を行っております。

入院診療録では、年間約9,000人の退院患者さんの製本、記載内容・記載漏れ等の点検や病名等のコーディング(統計や検索のもとになる情報)作業、退院時要約情報の入力、疾病情報等の統計、癌登録業務等を行っております。
他にも各種書類作成時の協力や医師・看護師等の研究の為の貸し出しも重要な業務として行っております。

患者さんと触れ合うことがない部門のため、間接的ではありますが地域の皆様のご病気が少しでも早く良くなるよう、また健康維持向上のお役に立てるよう努力しています。

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.