結石破砕室で行われる検査(エックス線診療室6)

体外衝撃波結石破砕装置(エックス線診療室6)

体外衝撃波結石破砕装置(地下1F)

尿路結石症(腎結石、尿管結石等)の治療に、最新鋭の 体外衝撃波結石破砕装置を導入しました。(更新)

体外衝撃波結石破砕治療はESWLと呼ばれています。

  • ESWLとは、治療テーブルの上に横になっていただき、X線と超音波で探査した結石に対して体の外から衝撃波をあて、結石を細かく砕き砂状になった石を尿とともに体外に排出させる治療法です。
  • 腎結石、尿管結石を問わず、ほとんどあらゆる部位の結石を治療することが出来ますが、症状によっては他の治療を併用します。
  • 治療には麻酔を必要としないので、高血圧や心臓病などの合併症をお持ちの患者さんも安全に治療をうけていただくことができます。
  • 1回の治療時間は約1時間で、通常のサイズ(1cm前後)の結石なら1回の治療で破砕が可能です。
  • 結石破砕治療は、1泊2日の入院治療ですが、結石の性質により、複数回の治療が必要となる場合もあります。

破砕前の結石→衝撃波により砂状になった結石

ページトップへ

Copyright © Yamato Municipal Hospital, Inc. All Rights Reserved.